信州酒造

信州酒造

酒造り土壌

信州といえば日本酒造りに適した諸条件を有した土地で地酒が美味しいとされ日本酒ファンにとってはたまらない土地柄と言えるでしょう。信州を取り囲む自然豊かな南アルプスの山々から山肌を伝わる豊潤な水源は長い年月をかけて地表に現れてそして美味しい水と良質の酒米を生み出しています。湿度の少ない避暑地としても有名な信州の夏は爽やかで冬は厳しい寒さを迎えて澄んだ空気と水。山紫水明という四季折々の気候風土が酒造りに大きく影響していると言えるでしょう。この様に豊かな自然環境に育まれて米を選択して水を極めて仕込み~発酵~ろ過~火入れなどの行程を経て蔵元が手間暇かけて清酒を作り出しています。長野の酒は旨い!!と太鼓判を押されている所以です。

美味しい水と酒米が揃えば美味なる酒が生み出される事は周知の通りです。酒米は山田錦が全国でも美山錦が上質の酒造好敵米で成り立っています。その特徴は大粒であって心白の大きい米ということ。酒米にとって大切なことは良質の水と適度な日差しと風が命。信州では国の特別名勝に指定されている上高地を初め日本屈指の酒造りの環境が整っているのです。信州では蔵元が全国3位と上位を占めています。世界中に色々な酒がありますが日本酒の製造工程は最も複雑で高い技術を要しており酒造りは日本人が世界に誇れる伝統文化なのです。

信州自慢の地酒

信州ならではの地酒は生産性が限られています。信州では広く日本の屋根としての北アルプス

や中央アルプスに囲まれた原料である水と米が良質です。酒造りに不可欠な鉄分を含まない天然水です。水の良し悪しが決めてとなり一升瓶の酒を生産するにはその20倍もの仕込み水を必要とします。美味しい酒は何はともあれ水が命なのです。地元の酒造りに貢献している酒蔵の杜氏達の長い伝統を受け継いでプライドをかけた酒に命を注ぐ熱い情熱を感じます。信州の地酒は数多くあれ西野門よしのやは1540年創業以来長野県内でも歴史があり全国でも7番目に古い酒造です。代表銘柄は雲山と西之門。又、酒千蔵野は女性杜氏である蔵元の一人娘が長年蔵を守り続けて千代杜氏から修行を重ねて現代に至る酒造で数々のコンクールや酒類鑑評会で受賞歴あります。今井酒造店は1691年の創業以来本醸造、純米、吟醸の生産を行い量産は少なく昔ながらの製法による味で勝負の酒蔵で銘柄は若緑といい甘さと酸味のバランスとコクのある地酒です。

Leave comment

Your email address will not be published. Required fields are marked with *.