信州蕎麦の知っ得情報

信州蕎麦の知っ得情報

蕎麦の歴史

蕎麦の歴史は古く縄文時代や弥生時代から日本人が数千年前から食してきた文化です。

文明の時代には蕎麦の実を粉にして食べられた穀物ですが公家や武士が口にした蕎麦団子や

蕎麦挽きなどが主流でしたが江戸時代からはそば切りなる所謂、現代でいう蕎麦の麺食文化が誕生したのでした。このそば切りは信州が発祥とも言われています。ここ長野県では水捌けの良い産地の畑と日中夜の寒暖差がある影響から良質のそばの実の栽培に適した好条件を兼ね備え適しているところから信州蕎麦の認知度が高まったのです。信州そばのお店も日本一の数を誇りそばの名産地や特産地がひしめきあっています。

信州蕎麦のカテゴリー

信州そばを一口でいってもそば粉の産地や種類が様々で蕎麦の名産や特産も色々で一般的に長野県で作られて食べられている総称を信州蕎麦と言われています。

長野県の信州そば協同組合では長野県内で製造されたそば粉を4割用いた良質な干し蕎麦を信州蕎麦と認定して商標登録されたロゴマークが仕様されています。又、長野県産のそば粉を使用してつなぎの割合が3割以下の手打ちそばの店を信州そば切りの会が信州そば切りの店と認定しています。つまり信州そばの定義はそばの挽き方や打ち方、作り方または時期などにより色々と名前が変わるので地域や村ごとの特色があり一概に定義は無いのかもしれません。

信州と言っても範囲は広く蕎麦の産地も長野の北信から松本の中南信と北アルプスの安曇野と様々です。長野の蕎麦は庶民的な店が多く松本の蕎麦は敷居が高いと言われるほど同じ信州でも門前町と城下町と栄えた違い故に互いに意識しあっている様です。安曇野は名水百選にも名を連ねこの名水で打った信州蕎麦は人気があり名産であるわさびも蕎麦の風味として一役かって安曇野そばとして食されています。

 

地元の蕎麦を訪ねて

戸隠そばとは一般に長野市の戸隠村で作られて食べられている蕎麦の総称です。日本三大蕎麦の一つとされて岩手県のわんこそば、島根県の出雲そばと共に有名です。又、江戸時代から食されている更科蕎麦や名川町のだったん蕎麦も有名です。強い独特な苦みがある事から別名苦そばと呼ばれ寒さに強く拘置での蕎麦栽培に適していることから長野県北部で栽培されています。高血圧や動脈硬化に効くルチンの含有量が普通の蕎麦と比較して100倍以上も含有されているので健康に良いとされています。

Leave comment

Your email address will not be published. Required fields are marked with *.