信州牛の魅力

信州牛の魅力

アップルビーフとは?

信州牛はアップルビーフとも言われてりんごで育ったお肉がブランド化された事をいいます。信州の北部の奥信濃では肉牛生産に力を注いだ畜産課農家が沢山いました。昭和40年頃には全国に誇れる信州牛を育てるのにどの様にすれば良いか試行錯誤を繰り返したものでした。そんな苦労を重ねて育成方法が生み出されたのがアップルビーフなのです。その着眼点は餌の開発でした。この地域では古くからりんごを牛に与えると病気にかかりにくくりんご特有の酸味が牛の食欲を刺激して健康的な牛へと成長したのでした。アップルビーフの開発以前は従来の餌では高栄養素なものを与えて運動を制限した為に病気になりがちでした。信州の特産物であるりんごは肉牛の生産農家でもりんごや葡萄といった果樹園経営をしていた経緯もありリンゴを加えた発酵飼料を与えることによりりんご特有の有機酸類やビタミン類が食欲不振の牛の回復に繋が下駄必ずりんごを食べさせては食欲の回復を図ったものでした。地元で栽培されたりんごに加えて穀類やぬかなど豆腐カスや酒粕を混合した地域の食品産業からでてくる副産物として発酵処理をしたものが餌として豊富なたんぱく質やビタミンを含んでいます。良質な肉牛へと進化を遂げても独自に生産した牛のブランドが無い事に多くの畜産関係者は不満を持っていました。そこで大信畜産工業が名乗りを挙げて信州牛の名称を入れたロゴを作ってりんごで育った信州牛のキャッチフレーズで商標登録されたのでした。こういった先駆者達の努力が実り肥育管理技術と独自の飼料工場の開発により現在でも若い世代に引き継がれて信州牛の魅力を日本全国に又、海外に向けても発信しています。

海外に向けての躍進

長野県北部にある奥信濃という牧場の試みでは近年、信州牛を海外にも広めようという構想がもたれています。国内ではあまり知名度がなかったアップルビーフを世界に向けてりんごを食べて育った牛肉として牛肉大国であるアメリカで通用するか否かのチャレンジが始動し始めています。全国のブランド牛の対抗馬として打って出た構想として海外進出によって生産者と飲食店の経営者とが手を組みアメリカのレストランなどでステーキメニューに名乗りを挙げています。又、高井富士畜産では約300頭もの黒毛和牛がりんごで育った信州牛として厳しい管理下でアップルビーフとして出荷されるまで肥育されています。

Leave comment

Your email address will not be published. Required fields are marked with *.