信州歴史的背景

信州歴史的背景

信濃から長野へ

信州のその歴史は古くその名前の由来はシナノから始まります。信州と言う言葉の州はその昔

中国でクニを意味しており信濃国の信とクニ(州)で信州へと変わりました。信州信濃の国は現在では長野県と呼んでおり日本の中央部に位置する内陸県で明治の初めに誕生して面積では日本で第4位になります。県境の山梨、静岡、愛知、岐阜、富山、新潟、群馬、埼玉

の8県と接しており日本の屋根と呼ばれています。「長野」とは読んで字のごとく「長い平野」のこと。これは長野盆地(善光寺平)が細長いことから名付けられたと考えられます。信濃から長野へと登場した「ナガノ」という言葉は「シナノ」よりもその後1570年頃初めて登場します。長野は文献では1570年に武田信玄が長野のうち五貫文の領地を与えたとされたとされています。長野県の諸説あるシナノの漢字は信濃、信野、科野と多岐にわたります。日本神話によるシナツヒコノミコトが古来8世紀頃に書かれた古事記や日本書紀にも表示されてシナはそこからきているのではないかと想像されます。シナノが科野として文献に表れたのが今から約1300年前以上にも遡り646年の大化の改新により地方制度が制定されて陸奥国から近江国を貫く東山にある道の国が科野国と表記されているのです。その後、713年に国の印を作成するに当たり好字二字加令が公布されました。国、群、郷の名前を縁起の良い字に変える事でこの頃の文献によると科野は信野を経て信濃と変遷していったようです。この様にいろいろな名前の由来により信州から長野へと歴史を刻んで変遷していったようです。

現在の長野県

現在の長野県は明治維新によって行われた廃藩置県により成立しました。長野県は現在、17市36町67村合わせて120の市町村で構成されています。県庁所在地は長野市です。1988年2月に開催された長野冬季オリンピックを契機に交通網が整備されて北陸新幹線の開通とともに

国道や自動車道路や一般道が整備されてスムーズに県内を移動できるようになりました。

長野県はその昔から東山道が南北に貫いており戦国時代には甲斐の国の武田信玄、上杉謙信の川中島の軍を率いる道でもありました。現在でも数多くの史跡が残されています。江戸時代には五街道の一つでもある中山道が整備され人馬の往来に利用されていました。この街道の他にも甲州街道や伊那住環や北国住環などの歴史街道として宿場町も発展したようです。

Leave comment

Your email address will not be published. Required fields are marked with *.