信州のお土産

信州のお土産

地元ならでは

長野県は全国有数の広大な面積を持ち信州のお土産もバリエーション豊かで迷ってしまうのが実情と言えるでしょう。長野県は多くの地域を山岳地帯が占めており海に面していない内陸で安曇野、松本、上高地、小布施、野沢温泉、戸隠、軽井沢と様々な地域の特産物があります。信州名物のお蕎麦やおやき、野沢菜、わさび漬け、リンゴや葡萄と言ったフルーツまで名産物の加工品とワインや地ビールなど信州ハムまで県内全域に観光スポットが広まっている為地域ごとの特色がある特産品が目白押しです。定番のお土産から女子に人気のスイーツやガイドブックに載っていない地元で人気のお土産品なども数多くあるのです。

特に山岳観光や温泉街、リゾートエリアがある長野市や長野駅では出張帰りや多くの観光客などに利用されています。グルメ、ファッション、お土産を取り扱うテナントが多く東急ハンズやドン・キホーテというメジャーな施設もあり人気のお土産の宝庫と言えるでしょう。

定番からオリジナル

長野の定番の特産物はやはり蕎麦や果物。中でもりんごは全国2位の産地としてシナノゴールドやシナノスイート、秋映と言った長野生まれの品種も多いようです。りんごパイやりんごを丸ごと凝縮したスイーツなど豊富で女子に人気なお土産です。初夏の短い収穫のアンズも長野の千曲市では生産量が高い特産物です。ジャムやシロップ漬けなどの加工品も生食以外でも魅力的な商品です。長野市の北東に位置する小布施町では葛飾北斎や小林一茶などの多くの文化人阿が訪れたという年間120万人もの観光客が訪れる県内有数の観光地です。ここでは室町時代から栽培されている小布施栗が有名です。粒が大きくまろやで薫り高い高貴な味わいの栗です。

江戸時代には栗落雁が誕生してここから小布施の栗菓子の発祥地として栗おこわや栗羊羹も生まれて風情ある町並みが栗の小径と称され親しまれました。松本城のお膝元である松茂市の看板商品は板飴です。340年も続く老舗の山屋御飴所で作られており米と麦芽を発酵させたものに落花生と甘味料を混ぜた自然で素朴な味わい豊かで人気のお土産品です。こうした栗菓子やりんごスイーツ、飴菓子と言った果実を原料とした商品が主流ですが長野県では標高が高く酪農も盛んに行われて乳牛生産も多いです。

Leave comment

Your email address will not be published. Required fields are marked with *.