ハウツーアクセス★信州の旅

ハウツーアクセス★信州の旅

南北エリアのみどころ

信州の旅をするに当たり電車で行くか車で行くかはたまた高速バスを利用していくか悩みどころです。信州一帯は南北に面積を有して各地域の標高に差があり寒暖差が生じてきます。

信州はおおまかに3つのエリアに分類されて北部地域と中部地域、そして南部地域です。

北部は観光客で賑わう観光エリアと言えるでしょう。ここは善光寺の門前町として古くから発展して歴史を感じる街並みが保存されています。又、国内有数の豪雪地帯でスキー場も多く冬場はウィンタースポーツとして多くのスキー客が訪れています。中部地域は気候も穏やかで避暑地として名高い軽井沢を筆頭に松本城や城下町といった歴史的建物がなんともノスタルジックな雰囲気を漂わせています。南部は何といっても雄大な南アルプスを望むエリアです。伊那エリアの温泉郷を有して温泉資源に恵まれた地域です。各エリアそれぞれ見どころまんさい。信州蕎麦やおやきなどの地元のグルメを味わい温泉につかり高原地帯を沿って走るビーナスラインでの絶景ドライブを楽しんでみては如何でしょうか。

◆電車利用(JR)◆

東京~長野間は北陸新幹線で所要1時間40分。新大阪~名古屋間は東海道新幹線所要時間1時間。名古屋~長野間では中央本線特急信濃3時間。金沢~長野間では北陸新幹線最速65分。

新潟~高崎間では上越新幹線所要時間1時間10分。高崎~長野間は北陸新幹線所要時間は1時間と首都圏からもアクセスに便利。

 

◆高速バス利用◆

高速バス利用の際には東京発は新宿高速バスターミナルからの利用がおすすめです。

新宿~白馬行は毎日6往復運航安曇野穂高下車(JR穂高駅と穂高神社と大王わさび農場)

新宿~松本間では一日22往復運行。千葉~松本線では千葉中央駅、海浜幕張、TDR、京成上野より夜行便が松本バスターミナルへ。大阪からは(梅田~京都~松本・名古屋~松本)へと。

その他、JRバス関東による善光寺及び小布施、戸隠神社を巡る定期観光バスの運行実施あり。

高速バスでの移動は何といっても体一つで良好が出来る醍醐味。大きな荷物も車内に預けて

車窓から見る景色にご満悦。バス観光ならではのメリット大!!

 

◆ドライブコース★ビーナスライン編

メジャーなお勧めコースはJR上諏訪駅(一般道17,8㎞)→霧ヶ峰富士見台(一般道とビーナスライン8,3㎞)→白樺湖(一般道11,5㎞ )→長門牧場(一般道とビーナスライン18,4㎞)

景観も抜群!!

Leave comment

Your email address will not be published. Required fields are marked with *.