ご存知!信州味噌!

ご存知!信州味噌!

信州味噌の歴史

信州地方、長野では信州味噌の醸造店が沢山軒を並べています。味噌の起源は古代中国の大豆塩蔵食品のひしおと言われて熟成途中のものが美味しかったことからこれが味噌として発展してみしょうと名付けられて味噌と変化していったと推測されます。ここ長野市では善光寺を中心として門前町として栄えました。ここで信州味噌造りの歴史ある醸造店が味噌やから味噌サービス産業へと発展していきました。味噌は元々、寺院や貴族階級の贅沢品としておかずや薬として珍重されました。現在では日本人の食生活の必需品として欠かせない食品となっています。

鎌倉時代には中国から日本へ来た僧侶がつぶの味噌をすり潰して水に溶かして味噌汁として利用され武士の食習慣として一汁一菜という主食、汁物、おかず、香の物と言った食事の基本が確立しました。戦国時代には武将が味噌を食料として質素倹約なたんぱく源で保存のできる栄養食でもあったのです。室町時代に入ると庶民の間で味噌の自家醸造も始まり江戸時代に入ると武田信玄が信州味噌造りを後押しして工業生産として人々の間に定着していったのでした。

味噌醸造トップ10

門前味噌の酢屋亀本店、山吹味噌、中村醸造、マルモ青木、丸高蔵、山高味噌、丸正味噌、塩屋醸造、上高地味噌、喜多屋醸造などの老舗が連なる自社製造の味噌醸造店の信州味噌は品質本位の生産を心掛けている醸造店です。美味しい信州味噌は何といっても良い原料から始まります。大豆、米、塩に至る原材料を厳しく選別して熟練工の技術と勘により麹造りから大豆の煮方から蒸し方までこだわりをみせています。信州味噌は和洋中のどの料理にも使えて味噌汁は勿論のことおかず味噌、麺つゆに混ぜても美味しいく郷土五平餅にあう田楽味噌と酒の肴になる蕎麦味噌と用途が広いです。特に諏訪地方では気候や水が味噌の旨さが絶品で戦後の食糧不足も手伝い昭和30年頃にはみその日本最大生産地を誇った時代がありました。小さな町の味噌の品質向上に切磋琢磨した味噌蔵がいち早く製造技術を高めて味噌の研究機関も出来たのでした。

酵母や乳酸菌などの微生物研究から袋詰めから包装までと一貫して味噌づくりのエキスパートとして現在では信州味噌を全国的に広まりました。大手スーパーと提携しており信州味噌は今ではどの家庭の食卓にもなくてはならない日本人の食を支えている食品と言っても良いでしょう。

Leave comment

Your email address will not be published. Required fields are marked with *.