信州ご当地グルメ 定番からB級グルメまで~

信州ご当地グルメ 定番からB級グルメまで~

信州長野県は海が無く山に囲まれ夏は涼をとり冬はアルプ北アルプスなど雪国として極寒地域
とそんな土地柄ならではの地元料理が目白押しです。南北で異なる文化の自然の食材の宝庫と
いえるでしょう。信州と言えば信州蕎麦が有名ですが保存食としても塩漬けの魚や信州味噌、
野沢菜や長芋、わさびと定番な食材を使った料理が主流です。しかし、現在では定番以外にも
あまりガイドブックに載っていない地元の食材を使った美味しいグルメの信州ジビエなど。鹿
肉以外でも熊や猪、キジなどとご当地ならではのガイドブックに載ってない野生の味も堪能で
きます。又、日本酒やワインなどの酒文化も定着して県民挙げてのグルメ大国に名乗りを挙げ
ている模様です。


知る人ぞ知る◆信州蕎麦
長野県の人気グルメとして知る人ぞ知る信州蕎麦は鉄板グルメ!ここ信州はそばのルーツとも
言われています。一般的には信州蕎麦は長野県で作られているそばの総称を言うようです。長
野県は寒暖差が激しい地域や澄んだ空気と山水の環境が蕎麦造りに適した環境と言われます。
信州蕎麦は地域により色や味わい風味などが違ってきます。かつて昔はそばの実の団子状のそ
ばがきなるものが食されましたが麺上のそば切りで食されたのもここ信州が発祥の地とも言わ
れています。
日本三大漬物◆野沢菜  
野沢菜は野沢温泉村を中心とした特産物の信州菜を用いて作られた漬物をいいます。現在では
長野県が主要産地となっており雪が降る前の11月中に収穫を終えます。寒冷な環境下においあ
て製造、保存されている為に発酵しにくく臭みがなく癖なくあっさりした味わいで人気を呼び
日本三大漬物として重宝がられています。信州物産の中では雪国の保存食として又、お土産と
して上位に扱われている食材です。
昔ながら◆おやきとは  
長野県の郷土料理の代表ともいわれるおやき。その昔、江戸時代などで稲作が困難な時代に多
くの長野地域で作られた素朴な懐かしい味わいの焼き餅饅頭です。小麦粉やそば粉で作ったも
っちり皮に長野県名物の野沢菜を初めとしたキノコや切り干し大根、カボチャや茄子などの野
菜やあずきやクルミなどバラエティーに富んだ食材を入れて油で炒めたものを味噌や醤油で味
付けして饅頭にしたものを言います。昔は家族だんらん囲炉裏を取り囲みながら大鍋でじっく
りと焼き上げて手間暇かけて多くの人を魅了してやまない信州の食材の一つです。

Leave comment

Your email address will not be published. Required fields are marked with *.